Game-Fi System

Daily Enegy Cap

全てのユーザーには毎日1回の測定機会を与えられており、計測開始時間から20時間後にエネルギーが回復します。測定機会は1回を超えて増えることはなく、毎日1回のみ測定が行えるように設計されています。

Daily Token Cap

トークンの最大受取可能量が設定されており、トークンの最大受取可能量を超えて獲得することはできません。(ゲームの進行状況に応じて、最大受取可能量は変更される予定です。)

NFT保有ボーナス

Bedを複数保有することによって、毎日の獲得量を増やすことができます。

Bedは最大で30個までボーナスがつき、それを超えてボーナスが得られることはありません。

Positive Effect は重複して効果を発揮せず、効果の高いものが優先して効果を発揮します。

Token EarningとはSLFTの獲得量に影響を与える指標です。

収益計測のアルゴリズム

SLFTの計測に影響を与える要因は以下の通りです。

  • 睡眠時間

  • 睡眠の質

  • BedのEfficiencyの数値

  • アイテムの能力値

  • トロフィーの獲得状況

  • その他の補正値

睡眠時間は指定された時刻に近づくほど獲得できるトークンの量が増えていきます。 睡眠の質は統計学に基づき、効率的な睡眠にどれだけ近づいているかをスコア化した値です。おおよそトークン獲得量の20%がこのスコアを参考にして算出されます。

また、アルゴリズムはユーザーデータの収集状況によって、定期的にエコノミクスの健全性のために調整が加えられます。

Lucky Box

ユーザーはLuckの値・ベッドの保有台数に応じてLucky Boxを獲得することができます。

Lucky BoxからはBed-Box、トークン、アイテム、宝石の4種類が出現します。

Lucky Boxは1回の睡眠で最大1つまで獲得することができ、Lucky Boxの品質に影響を与える指標は以下の通りです。

  • Luckの数値

  • ベッドの保有台数

  • 睡眠の質

  • アイテムの能力値

  • トロフィーの獲得状況

  • その他の補正値

これらの値を考慮し、ユーザーはLucky Boxを獲得することができます。

Quest System(開発中)

ゲーム内では活動状況に応じて報酬が獲得できるように、クエストシステムが採用されています。

  • デイリークエストシステム

  • マンスリークエストシステム

  • スペシャルクエストシステム

ユーザーはデイリーベース、マンスリーベースで指定の条件をクリアすることでトークンもしくはアイテム、Bedを獲得することができます。

スペシャルクエストをクリアすることで、特別な報酬を獲得することが可能です。

Anti Cheating-System

ゲーム内で不正を防止するために以下の仕組みが採用されています。

  • SLFT/SLGTトラッキング機能

  • 機械学習による異常値の検出

脱獄、Root化されたデバイス、OSが変更されたデバイスではSleeFiは動作しない場合があります。

Tax System

ゲーム内では以下の手数料が発生します。

Activation Code System

ゲームではユーザー数の増加に応じて招待制が適用されることがあります。

その場合、ユーザーは3日間の測定を行うたびに1つの招待コードが配布され、ユーザーを招待できるようになります。

招待数に応じて、トロフィーやゲーム内での優遇を受けることが可能です。

Market Place

ゲーム内のマーケットプレイスで、Bed、アイテム、宝石、Lucky Boxの売買・リースすることができます。

Trade System

アプリ内のマーケットプレイスでNFTの売買を行うことができます。

Rental System(開発中)

ユーザーは自分自身の保有するBedを他人にRentalすることが可能です。

Rentalすることによって、貸出主は借主の利用状況によってSLFT/SLGTでの報酬を受け取ることが可能です。

Rentalの報酬は以下の通りです。

  • 貸出主: 30%

  • 借主: 55%

  • 手数料: 15%

*手数料は変化する可能性があります。

Rentalは最大回数を貸出主が設定することができ、その回数が行われた場合、もしくは貸出から指定の期間を経過した場合は貸出主に返却されます。

借主はRentalしたBedを好きなように強化・修理することができ、その期間に何らかの理由でBurnされた場合は、そのNFTは完全になくなります。

Burnされた場合はそのアカウントでのRetanl機能の利用はできなくなります。

また、借主になったユーザーは設定された最大回数の3分の1の計測を成功させない場合、ペナルティとして3日間借主になることはできません。

また、ペナルティが短期間に複数回確認された場合はRental機能の利用を制限する場合があります。

Retalで貸出できるBedの個数は自分自身が保有しているBedの個数の影響を受けます。

貸出を行っている場合でも、Bedの保有台数による最大トークンのCapや各種補正値の効果は継続して受けることが可能です。

最終更新